一般人でも作れる

手とスマホ

 動画制作が一般の人たちに普及する様になったのは、まだ比較的最近の事といえますが、映像の歴史として見た場合には、産業革命以降の19世紀頃にその走りとなるものが発明されたとされています。発明家として有名なエジソンが発案した装置が始まりといわれています。その後、様々な人によっても装置が発明・改良されていく事で、映画制作などが行われる様になり、その専用機器、機材などが進化していく事となりました。進化していく過程においては、機材の進歩もさる事ながら、パソコンやビデオカメラなどの様々な機器が一般の人に普及した事で、付随するソフトの開発・技術なども向上し、デジタル化が進んでいく事となり、現在の様な動画制作も実施できる様になっていきました。

 現在の様なデジタル化社会においては、デジタル機器を使用する必要性が大きくあります。それらを利用する事により、より進化した動画制作なども実施される様になっています。動画制作が必要とされる場面については、最近多く見られる様な結婚式などは勿論、他にも音楽においてはライブ映像であったり、発表会などにおいても活用される事が更に増えていくとも考えられます。  動画制作においては、アナログの技術よりも、デジタル技術が今後更に進化・向上していく事も想定されます。より鮮明で、美しい画像にしていくなどが可能になるほど、動画制作を必要とする人口も増えていく事が考えられます。専門業者に依頼する人が増える一方で、アプリケーションソフトを利用するなどして、自分で編集する人が増えていく事なども予想されます。